西新・藤崎・百道の美容室マシュー

ヘナのこと

ヘナのこと

ヘナのこと

パラフェニレンジアミンとヘナのこと

薬剤は作る側、使う側すべてに責任があると思う。

パラフェニレンジアミンってほとんどのカラー剤に入ってるもの。

これを悪者にするつもりは全くない。
使い方の問題だから。

カラーを楽しみたい人にとっては良薬。
身体に危険(アレルギー)を持つ人にとっては悪薬。

知らなかったでは済まされないことが起こる。


これはフェイスブックでのやり取り。
もし天然のヘナと思い込んで、そうでないものを使ったら、、、、だれの責任になる?

 

 

Aさん 「こんにちは。私は腎臓に疾患があるので、カラー禁止です。ヘナを使っていますが、よく読みますね。」

kino 「腎疾患だとカラーは禁止なんですか。。。やはり成分の問題なんですかね?
ヘナといいながらいろいろ混じってるものも多いみたいですから。。。」


Aさん 「腎臓悪いとなんらかの成分が負担をかけるみたいですね。
母はかなり腎臓悪いですが、カラーをすると気分が悪くなり吐いてしまいますね。
若々しい髪でいたいので、悩みのひとつです。」



kino 「もし、カラー剤の成分の中に直接的に腎疾患に影響するものがあるとするならば、一般的に売られているヘナの中にもそういう成分が混じっていることは多々ありますので、気を付けたほうがいいですよね。」

Aさん 「そうなんですね。ありがとうございます」



腎臓専門医 「毛染め剤に含まれるPPD(バラフェニレンジアミン)による急性尿細管壊死による急性腎不全は有名で、
当然慢性腎不全の方には急性増悪する可能性があります。白髪染めなども注意が必要です。
その点、植物由来のヘナでしたら、ヘナに対してアレルギーがない限り安全です。
ただヘナでも100%ではないものもあるようですので、ヘナカラーのご用命は、100%ヘナ取り扱いのマシューにお願いします。
キノさん、こんなもんでよろしい?」

kino 「ほほほ、さすがお医者様!!とーーいうことは、ヘナやハーブカラーの中でもパラフェニレンジアミンが含まれるものはたくさんあります。
これは主に発色剤として使われていますので、たとえばヘナを塗布して15分とか30分で綺麗にブラウンに染まるもの等は可能性大ですね。
腎疾患にパラフェニレンジアミンが良くないとは初めて知りました。
勉強になりますっ!
とはいっても、すべての方にパラフェニレンジアミンが悪いということではありませんからね。
薬剤は使い方ですから。。。」


腎臓専門医 「そうそう、何でもダメということではないですよね。
以前、キノさんに聞いた市販の毛染めの使い方(長時間染めちゃう)の方が危ないですよね。」




Aさん 「わぁ!うれしいです!oo先生、というお医者さまなのですね。
主治医も私も、進行を止めたいので必死なんですよね。
美容師さんもどうしたらいいのか、悩まれていて。
木下さん、白髪が増えた私の髪をきれいにしていただけますか(*^^*)」

kino 「まずは安全のためにハナヘナとインディゴのパッチテストをしてからですね。
ヘナる3日くらい前に5分ほどお店にお寄りください。」

 


これも毎回ポチッとお願いしますねー。↓↓↓

ハナヘナのこと

ハナヘナってなんですか?


ハナヘナです、笑。


ヘナっていろいろありますよね。。。?


ヘナって草です。色々?はありません。

 

 

なんじゃって感じですね。

ハナヘナは美容師でもある草仙人が、ことあるごとにインドに出向き
厳選して、手選別したヘナです。

つまり、100%天然の何の添加物もないヘナ、、、ただの葉っぱの粉。


カラー剤ではありません。


でも、色は着きます。


髪の内部のアミノ酸と結合して、発色します。



オレンジ色です。



髪の内部のアミノ酸と結合するので、髪も強くなります。

ハリ、コシがでます。



なーんにも悪いことは起こりません。



パーマがかからなくなった、色が真っ黒になった、かゆい、、、、



ハナヘナじゃないヘナにはたまにあるみたいです。
ハナヘナには、、、、聞いたことありません。

 

ハナヘナはいろんな使い方ができます。

 

ハナヘナの使い方は

 

誰でもできるヘナ&ハーブ

 

誰でもできるヘナ&ハーブその2

 

誰でもできるヘナ&ハーブその3

 

じゃ、皆さん試してみて!

 

 

誰でもできるヘナ&ハーブ その3

さっそく
「インディゴ使ってみようと思うんですけど。。。」
ご近所さんが購入に見えられた。

そそ、『hana hennna』は使ってみなきゃ良さがわからない。
もちろん、直接来ていただけると
髪の状態見れるから、親切、丁寧アドバイス付き、爆。

「ヘナ使ってて赤みが気になるから、、、」
それはね、
。。。。
。。。。
で、試してみてね。みたいな。


ヘナ、インディゴときたら次はニュートラル。

あ、そうそう『hana henna』じゃなきゃだめよ。
『hana henna』の話をしてるんだから、他んとこのヘナ&ハーブは知らない。
「0000使ってるんですけど。。」
「####のブラウンなんですけど。。。」


わかりません。。。。

前回までのヘナとインディゴはこちらからね。


誰でもできるヘナ&ハーブ

誰でもできるヘナ&ハーブ その2

これ、簡単に言っちゃうと、ヘナの色無し。
実際には草だからまったく色がないというわけではないけど、
ま、気にすることはない。


何に使うか?


まずはトリートメント。


今はね、各メーカー3ステップ、4ステップ、サラサラからシットリまで色々でてる。


ニュートラルは簡単。

ワンステップ!!


ペタペタ塗るだけ、笑。


じゃ、やってみよー。

ニュートラル80グラム。
今回は、そこそこダメージしてる髪ね。
白髪染めじゃないからね。
トリートメントだから。

肩くらいまでの長さなら、これくらいあれば大丈夫。

しっかり塗って、ラップ、ターバン、コットンは忘れずに。

置くこと30分。

なーんも変わらん。


いつものように流して、終わり。


ど???


「え???」って感じ?
きしんでる?

そう、きしみます。
これは、よくあるトリートメントの油じゃないから、ベトベトするはずがない。
ふやけた髪をシャキッとしてくれるのもの。
収斂作用があるから、きしむよね。

ここはね、ひとまず、テストだから何もつけずに乾かしてみて。


サラサラでしょ?

軽いでしょ?


ハリつやが出た?


これはね、あくまでも内部補修だから、手触り重視じゃないから。
髪を強くするもの。


効果がわかったら、トリートメントつけてみてもいいよ。
でもせっかくだから、シリコンバリバリのトリートメントはやめようかな。
せっかくのつや髪がもったいないから、笑。


これくらいできれば、あとは実践あるのみ。

注意することは、髪質によって、色の出方は違うってこと。
重ねたほうが色は深みが出るってこと。

あとはヘナとインディゴの配合比率を考えれば。
マシューで主に使う配合は
ヨンロク。

あとはイチキューからキューイチまで、色々。
一発でこげ茶系までいくなら、ニーハチくらい。
オレンジ気味の茶色なら、ナナサン。
あとは髪質に合させて微調整。


もちろん他にも小細工はあるよ。
でも、まずはこの辺が白髪染めとトリートメントの基本。


こんなこともできるし。
『かっこよくヘナ、いやハーブかな。』


ヘナ、インディゴ、ニュートラルでアッシュ系の色もイケるし。

ただし、


草だからね。

100%の。


経験と感は少し必要よ。
でも、意外と失敗は少なくて、安心。


じゃ、皆さんご健闘を祈ります。

ご来店での初回ヘナは
シャンプーブロー込で5350円です。

誰でもできるヘナ&ハーブ その2

ヘナ・ハーブのことなら福岡の美容室マシュー
 

やってみた?ヨンロク。

次はね、二度塗り。通称"単品のダブル"。。。笑。勝手につけた。
呼び方はどーでもいい。

じゃ、はじめよう。

まずは、ヘナ50グラムをお湯溶き。
溶き方はヨンロクと一緒ね。
マヨネーズペースト状。
だま玉にならないように。


根元からしっかり塗布。
今回も白髪への染まりチェックだから、余計なこと考えずに
根元のリタッチでいい。

もーし、毛先が退色してるならためしに塗ってみるのもいい。
何事も経験。
退色具合で色は変わるから、自己責任でよろしくね。


塗り終わった?


じゃ、ラップしてターバンして、ついでにコットンも。
時間は30分。


短いけどこれでいい。


色チェックしてみた?
オレンジ?

どオレンジ?

地肌までオレンジ?


「やばい!」とおもったでしょ?

大丈夫大丈夫。
さ、流そうか。
モミモミ、ドバ――。
シャンプーはいらない。
トリートメントももちろんいらない。


次はインディゴ50グラム。
これもマヨネーズね。

根元からしっかり。


時間はまたまた30分。

頭皮がすーーーっとする感じが気持ちいい。
あ、やられてるほうの感想ね。


じゃ、色チェック。


???
???


グリーン??
さっきのオレンジは?
また白髪に戻った?
いやいや薄いグリーン??


人によっては出やすい人はたまにこの時点で薄いブラウンに見えたりする。
でも基本は薄いグリーン。


これで良し。


いつものように流して、乾かして、霧吹きパッパッ。

あとは、




待つ。



待つ。



2日もすれば濃いめのブラウン。こげ茶、ね。

やっぱり髪質によって色の出方は多少変わるよ。
でも一応こげ茶。


ヨンロクとの色の違い解ったかな?


ヘナ&ハーブは、1回で時間を長く置いてもいいけど
重ねて色を入れたほうが、深みが出ていい色になる。
これも覚えといてね。



これ、最初の基本編だから、時間、髪質、色味、
あとは経験ね。


 

誰でもできるヘナ&ハーブ


なぜ『hana henna』がいいのか??


草以外何にも入ってないから、笑。
100%天然、しかも手選別、つまり余計なものを人の目で見て選別してる。

発色剤、染料等余計なものが入ってないから、安全安心。

で、まだヘナをやったことのない方のために、
『誰でもできるヘナ&ハーブ』


ちょこちょこ、電話やメールで質問がやってくる。

「ヘナっていいんですか?」
「どうやって使うんですか?」
「混ぜ具合は?」

。。。。。


『hana henna』の草仙人も飛ぶが如く、全国を行脚中だけれども
参加できる人できない人、いろいろいる。
恥ずかしがり屋さんのために、ちょっこずつ、ヘナ講座、笑。

で、まずは使わないとわからない、爆。

これ、当たり前。
だって、ヘナって使うものによってずーいぶん違うから。
発色剤やら染料までこっそり入ってるものもあるから、
『hana henna』は『hana henna』で使って感じてもらわなきゃね。


ひとまず、ヘナナチュラル、インディゴ、ニュートラル。

$☆とりあえず、『やっとけ!』☆-hennasample

他にはこんなものたち。

$☆とりあえず、『やっとけ!』☆-dogu


せっかくだから、草100グラムずつあれば、基本はおさえられます。

【その1】

・ヘナ20グラム、インディゴ30グラム。(通称ヨンロク)
まずは粉の状態でしっかりかき混ぜる。
いちおうやっとかないと、真空パックのため溶いたときにだま玉になったりする。

・お湯で溶く。
マヨネーズくらいのペーストになればOK。
乾いた状態の髪に塗るときは少し固め、濡れた状態の髪に塗るときは少し柔らかめ。
理由は、、、
塗りやすいから。。。

・あとは塗るだけ。ペタペタ。


まずはこれで、根元2センチくらいの白髪さんに試してみよう!
これくらいだったら、5,60グラムあれば足りる。

しっかり塗るんだよ!!

時間はひとまず50分。
ラップして、ターバンしとけばOK。
あ、あとヘナが垂れないように、フェイスラインや、首元にガーゼでカバーしとくといい。


ど??

染まった???


んなわけないよね。

天然のヘナなら、ここで茶色にならない。
よーく見ると、薄いぐりーーんのはず。

それでいい。


このグリーン具合はしっかり覚えておいてね。


じゃ、流そう。


シャンプーボールにお湯をため、モミモミしながら、ヘナをなじませながら落としていく。
ある程度落ちたら、シャワーでドバーッ、笑。


基本、しっかりこすって流してあげれば、シャンプーはいらない。
でも人によっては、インディゴでかゆみが出る人もいるので、
(ヘナのみの人はほぼその心配はない。)
その辺は臨機応変に、シャンプー剤でモミモミ程度でよろし。

どお?できた?

染まってないでしょ?
薄いグリーン。


いいんですそれで。
2日間を目安に、徐々にブラウンに。
でもね、ただの草ですから、髪質によってブラウンの出方は変わりますよ。

乾燥毛、、細い、太い、の髪でヨンロクがどんな色になるか、しっかり覚えてね。

仕上げでしっかり乾かしててもいいんだけど、
そのあと霧吹きで根元の部分をすこーし湿らすと
色の出がしっかりするよ。


あとは、


待て。


発色するまで。

1  2  3
about kino.

はじめましてkino.です。
福岡のちょこっと隠れたところで美容師をやっています。
東京・恵比寿、福岡・大名でサロンワーク、ヘア&メイク、雑誌、講習等、色々お仕事をさせていただきましたけど、またまた新しい”道”をふみだしました。
美容師として思うこと、伝えたいこと書いていこうと思います。

お知らせ
最近の話題
カテゴリー
人気の過去記事
過去の話題