西新・藤崎・百道の美容室マシュー

早良区西新・百道・藤崎の人気美容師kino.のブログ

西新・百道・藤崎|福岡の美容室Matthew(マシュー)

2011年10月の記事

おまかせします!

美容室を変えるって、やっぱり大変ですよねぇ。。

初対面の美容師がいきなり目の前に現れるわけですから。。。


kino 「こんにちは。kinoです。今日はカットとカラーのご予約ですが、、、どんな感じにいたしましょうか?」

初めてのお客様 「よくわからないんで、お任せにしてみようかしら。。」


これ、ホントによくわからないんですよね、どうしたらよいか、どう伝えたらいいか。

10代、20代ですごくヘアスタイルの興味のある人たちは、雑誌見たりヘアカタログ見たりして、あーしたいこーしたいってのがたくさんあると思う。

でも、普通一般には、ちらっとテレビに映った芸能人の誰それさんが一瞬よく見えた、、、とか、すれ違った人の髪がなんか素敵だったとか、、、、。


だから、どうしましょうか?って聞かれてもどう伝えていいかわからないから、
「お任せします。」
なんだと思う。


でしょ?


まあ僕らも何の情報もなしにヘアスタイルは作れませんから、
色々聞かせて頂きます。


でもね、何かを期待して美容室を変えるわけですから、
思い付くこと、何でもいいから言ってみたらいいじゃないですか?


髪が多くていやだ。
襟足が跳ねる。
可愛くなりたい。
前髪がうっとおしい。
広がるのが気になる。
優しく見えたい。
ブローできない。
長さは変えたくない。
思いっきり変えたい。
フワフワにしたい。
ボリュームを出したい。
クセが気になる。
髪がまっすぐでペタンとなる。
今まで切ってくれなかったから切りたい。
変えたくないけど、なんかいやだ。
エレガントにしたい。
後ろから見た感じがこんなでぇ、、、。
。。。。


ほーら、たくさんあるでしょ?
気になってること。


もうねぇ、遠慮なんかいらないんですよ、気になること言ってもらって。
思い付いたこと言ってもらえればいいんです。


気になってること、言いたい放題言って


「あとは任せた!!」


いやー、やりがいありますねーーー、笑。
腕が鳴りますねー、笑。
燃えますねー、笑。



いやいや、もちろんできないこともありますよ。


そこははっきりいいます。
できないことはできないと。
変なものは変と、、、笑。
そのへん、はっきりしてます、kinoは。


ヘアカタログ見てヘアスタイル決めるのだけがカウンセリングじゃないですから。


いろんな話聞いて、写真で確認したり、鏡の前で形を作ってみたり。



もちろん、やりたいヘアスタイル決まってれば、切りぬきの写真持ってきてこんなヘアスタイルにしたいっていうのは、わかりやすいですけどね。


ヘアスタイル楽しみましょ!!



オープントレーニングのお知らせ

11月7日月曜日のオープントレーニングのお知らせです。

 

11月のオープントレーニングは時間等、少し変更があります。



ウイッグトレーニング:10時ー13時

モデルトレーニング:13時ー、16時ーの2回。


トレーニング料金は
モデルトレーニング:モデル1人につき10,000円。
ウイッグトレーニング:13時以降の見学も含めて5,000円。
見学:10時からラストまで自由5,000円。

 

参加申し込みをしている方も、これからの方も、
再度、時間の確認、参加コースの確認をお願いいたします。

11月は、四元氏(リアルクローズ)の今年最後のトレーニングとなっておりますので、
ワイワイガヤガヤとたくさんの人数でやってみようと思います。

『ドライカットって実際、どんな感じなの?』なんて、
興味をお持ちの方も、見学等、ぜひぜひご参加ください。

10時から19時くらいまでと長丁場のトレーニングですが
講習会のような堅苦しいものではなく、ヘアスタイルを作るのを楽しむためのトレーニングです。


エントリーお待ちしております。

エントリーはこちらから。
matthew.kino@gmail.com

 

kino.





 

 

髪質で悩む人たち

ありがたいことに、テレビに出てからずいぶんご予約をいただいてる。

しかも、意外とみなさん年齢層が高い。
良いことです。


やっぱりあの映像見ると、カットに期待しますよね。。。


来店される方、見事にやりがいを感じる方ばかり、笑。


とにかく、あんな、こんな髪型にしてほしいという希望より、
私の髪をなんとかしてって感じ。


確かにみなさん一癖、ふた癖あります。
硬い、多い、くせ、細い、、、、。


kinoもね、正直どこまでいけるか?って感じ。

だからカウンセリングも、
はじめ、この辺のスタイルで切っていきます。
そこから、イケるとこまでいきますから。
多少短くなるかも。。。


とかいいながらカットさせてもらってます。


結局ね、髪質は変えれないから、
その人と髪に合わせるしかないんだよね。


流行の髪型を右から左までかぶせて、似合わせ、、、、。
無理しすぎ。
髪質を無視したらやっぱりそのつけは回ってくる。


雑誌に出てるスタイルや流行にとらわれすぎ。
こうじゃなきゃおかしい、、、みたいな。
髪、くせ毛でもいいじゃない。
少々くせ毛のほうがいいじゃない?


エフィラージュはそのための技術だと思うんだよなぁ。。

勝たねば意味がない。

残念でしたー、負けたねー。


テレビの楽しくやる番組ですから。。


言い訳。



決定戦ですから、、、
結果がすべての判定に
結果が出なければ意味がない。


途中経過がどうであれ、
結果は大事。



いままで、コンテストとか、とくに興味もなかった。
審査してくれる審査員の先生に興味がなかったし。。。


一般女性の審査。
ビフォア、アフターのみの審査。


途中何をしようとも、評価を受けて、良さを知らしめなければ、

と、思う。


自分に足りないものがよくわかった。


kenzo 「まだまだ始めの一歩ですから妥協せず、次回にかけましょう。その時も巻き髪だけはせずに私達は私達なりのスタイルを通し抜き、一般の人々に伝えてゆきましょう。


まだまだ、力が足りませぬ。。。


あ、でもね、ここにフォロー君がいました、笑

『福岡・大名美容室NO1決定戦』

嬉しいじゃないですか。ちょっとアゲ過ぎとは思うけど、笑。




わざわざ鹿児島から参加のモデルさんからメールが

NPO法人 奄美紬人 あまみ つむぎんちゅ←今回のモデルさんのHP



今日は、有難うございました(*^^*) こんなアタシの髪型を変えていただきまして、感謝しています!! 本当に有難うございました☆ 今回の担当が木下サンで、本当に良かったですo(^o^)o また、福岡来た際は遊びに行きますので、 よろしくお願いします(^-^)/ 本当に有難うございました(*^^*) 

023-2.jpg

嬉しいです。
ひとまず、よかったです。

こんなチャンスを与えてくれたディレクターさん、

ありがとうございます。


kino 「でも、勝ちたいです。。。笑」



つづく。。。。




にしても、テレビ収録って結構大変、なんです。
kinoはね、カットオンリーですから、
延々とカット。
待ちを入れながら、黙々とカット。


派手なテクニックじゃなくて、見せかけのテクニックじゃなくて
ホントに、いつもの仕事。

どう思って髪を切るか、伝えられるように。


数日前、

kino 「何見せたらいいんですかね?」

keigoさん 「カウンセリングはやった方がいいですよ。」

kino 「はい。」

keigoさん 「めんどくさいかもしれませんけど、一般的なカットと違うところを見せるには、量の仕事をいきなりやるのが良いかもですね。」

kino 「わかります。がばっと髪引き出して、気になるところから量を取って、左右の違いを見せるところから入っていきましょう。」

keigoさん 「技術の話をすると、一般の人は分かりにくくなりますから。。」

kino 「わかりました。」

keigoさん 「オートクチュールとプレタポルテの違い。洋服が人に合わせるか、人が洋服に合わせるか。その辺の考えの違いが伝われば。」

kino 「頑張ってみます。」



って、言われてもね。。。
大変なんです、これが。。。。



ディレクターさん 「あんまりとっとと切らないでくださいね。」

kino 「。。。。笑。」

ディレクターさん 「今日は、艶髪対決ですから。。いいですか?」

kino 「ウチ、、、、カットだけなんですけど、、、、泣。」(お隣は機械もちこんで、バリバリトリートメントの準備してるし。。)

ディレクターさん 「。。。。」



いきなり艶髪対決ですって。。。泣

やりますよ、カットでピカピカに。


でもね、わかる人にはわかるんです。



レポーターさん 「わー、すごーいkinoさん。すっごいツヤ出てきましたねー!」

kino 「わかります??そんな遠くから。。。」

レポーターさん 「わかりますよ、全然違いますもん。」

kino 「良かったぁー」



解説者 「これってどうやってるんですか?」

kino 「えーっとぉ、、、、。」

解説者 「解説しにくいんですけど。」

kino 「ですよね。」



ディレクターさん 「だって、削ってるうちに、いつのまにか形になっていくんですもん。打合せのときにいわれてたことが、なんとなくやっと意味が分かってきました。。。。」

kino 「良かったです。意味不明ですよね。」



解説者 「でも、ベースカットもしないで、ドライの状態からいきなりドライカットしてるとこないんじゃないですか?」

kino 「そこはヘアスタイル作りの根本の考え方ですから。。。。よその美容室のことはわかりません。うちはパリのkenzoさん、keigoさん、agence21のもとエフィラージュカットでやってるだけですから。」

レポーターさん 「カットだけでここまでできるんだぁ。。。ため息」



お隣では、デジタルパーマやら、スチームやら、見たことないトリートメントやら、続々と「新兵器」を繰り出すのをしり目に、
ひたすら黙々とカット。


待ちを入れながらカット。


たまに一服、、、、笑。(実は三服。。。)



カット。



汗かきながら、ひたすらカット。




たぶん、kinoはカットシーンしか写っとらんバイ、爆。

いちおうカラーもしたんだけどね。


オンエア、どうなる事やら。。。。


18日火曜日24時15分から
KBC『ドォーモ』
です。

1  2  3
about kino.

はじめましてkino.です。
福岡のちょこっと隠れたところで美容師をやっています。
東京・恵比寿、福岡・大名でサロンワーク、ヘア&メイク、雑誌、講習等、色々お仕事をさせていただきましたけど、またまた新しい”道”をふみだしました。
美容師として思うこと、伝えたいこと書いていこうと思います。

お知らせ
最近の話題
カテゴリー
人気の過去記事
過去の話題