西新・藤崎・百道の美容室マシュー

早良区西新・百道・藤崎の人気美容師kino.のブログ

西新・百道・藤崎|福岡の美容室Matthew(マシュー)

2010年12月の記事

振り返れば。

2010年、どんな年だったかな?


エフィラージュカットとの出会い。
師匠と呼べる人との出会い。
いつも相談相手になってくれていた友人との別れ。
旧友との新しい取り組み。
新しい仲間との出会い。
結婚。
くだらない経営者的発想からの脱出。(笑)

。。。。。

まだまだ他にも。
あっという間の1年。

忙しくしていながらも、まだ余裕。
来年は今年の2倍はいけるかな。(笑)


悪く言えば、手を変え品を変え小手先と過去の遺産で仕事をしてきた自分を捨てたこと。


苦しいなりにもわけのわからない自信。
なんだろうなぁ、これ。
きっと、kinoは美容師であって経営者ではない。
経営者を演じる必要もない。
数年前から感じてたことが明確になった、自分に踏ん切りがついたということ。

だから、みょーな自信。(笑)

まだ何もできてない、形になってないのにね。(爆)
頭の中は軽くなった、、、。
体中の「毒」が抜けた気分。


きっと、これから『本物』が生き残っていくのです。

そうなれるように。


今年1年、kinoにかかわってくれた人すべてに

『ありがとうございました。』



送り込まれた刺客

師匠 「福岡からのお客さまがいらっしゃるから、今度紹介しとくね。」

kino 「ありがとうございます。福岡から下北沢までですかぁ、、、。」

師匠 「東京に来る用事もあるみたいだけどね。カットとデジタルパーマね。」

kino 「デ、ジ、タ、ル、パ、ー、マ、も、、、、ですね。頑張ります。」


昔からそうだけど師匠のお客様を担当する事はものすごく勉強になる。

なぜこのカット?

切りながら楽しめる。
今回のお客様、オーソドックスなミディアムグラレイヤー。
カットしたのは3カ月ほど前。
らしい、、、、。


ほぼ、まったくと言っていいほど崩れてない。
もちろん切りたてを見ているわけではないけど。

せっかくなので、ひととおりチェック。(笑)

。。。。。。

。。。。。。

いつもトレーニングで見せてもらってるバババババッというカットではない、、、。
繊細。
物凄く繊細。

髪質が細くてボリュームが出にくいタイプだからなのかな。
エフィラージュを入れてないかのように、、、、。
でもしっかり動きがでるということは、深くエフィラージュが入っているということ。

んー、、、、、これを切り返せってか!?

へこむなー。
普通に営業でこれやってるんだもんなー。
今回は師匠ベースのkinoカットだからなんとかなった、たぶん。
次が勝負!

結局髪質とスタイルなんだよなぁ。
エフィラージュが足りなかったり、
無駄に多すぎたり、、、。
やればいいってもんじゃない。

『適量』

適量の感覚はモデルでしか感じることができない。
マニュアルで計れるものでもない。
手渡しにしか伝えられない。

師匠に手渡してもらったものをスタッフに手渡すことができるかな。


〆のヘアモデル

モデル 「モデル申し込んでから、返事が遅かったんで1度切っちゃったんです。。。」

kino 「えー、いつ?」

モデル 「1週間前。。。。」

kino 「ごめんねー、でも今日切っても良いの???」

モデル 「お願いします、変えたいんですよ。」

たしかに、1週間前に切ったとは思えんスタイルやねーーー、、、、、。(泣)

risa3.jpg


そうかそうか、よしよし。
変えてあげましょう!risaちゃん。
余計なカット代かけちゃった分、オヤジがんばります。

「可愛い、ばっかりだったんで違う感じがいいです。前髪も、、、、。」

なにしろこの膨らみやすい髪質量をなんとかせねば、、、。

ダダダダッ!!!

「あーちっちゃくなってるーーー」
「顔もちっちゃくなったー!!」

可愛いを脱出、カッコよく。
クルカワ??カワクル??

そんな感じ。

risa4.jpg


ど?

ガッツリいかせていただきました。
仕上げは
ドライヤーでバーーー。
ワックスチャッチャ。

髪は動かしやすくカットしてるので、耳にかけても、ハネても、収まっても大丈夫!

気に入っていただけたようで。
また3月ねー。risaちゃん。




癖毛が好きになる。

最近癖毛が面白い。

うねったり、膨らんだり、くるくる、、、、、。

どう仲良くなろうか。
戦ってもしょうがない。
何せ相手は癖毛なんだから。(笑)

ストレートにしたがる人も多いけど、それはそれでいい。
だってサラサラのストレートに憧れるよね。

でも癖毛もいいもんですよ。
いかしてあげれば。

だいたい何でもかんでもストレートパーマしましょうってのもおかしい。
多少のうねりやふくらみはカットでどうにでもできる。
動きも出せる。
扱いやすくもできる。

だいたい、顔も髪も同じ人はいないのに
同じヘアスタイルにしようってのが変。
違和感ありあり。

癖毛を生かせば、その人にしかできないスタイルになるのにね。
無理にストレートにすることもないし、パーマも必要ない。
あ、でもたいていの人はパーマがあったほうがもっといい感じになる。

エフィラージュカットって、実は髪質をコントロールする事にたけてるのね。
もちろん使う人にもよるんだけど、、、。
髪質をコントロールしながら形を作っていく、
形を作りながら髪をコントロールしていく。
そんなカットなんです。

癖毛が嫌いでストレートにしたがる人多いけど
癖毛を生かすスタイルも良いもんですよ。




マニュアル?

「感覚、センス、ばかりにたよっているカットではなく最低限の基本で、

最低でも皆が同じスタイルをカット出来るように、誰でも、基本さえ押さえておけばカットが出来て、

なおかつ人に感覚ではなく教える事ができるように」


とある美容師さん。
凄いわかる。
あー、頑張ってらっしゃるなぁ。
「マニュアルって最低限抑えとかなきゃいけないこと」
だと思うのです。
そこから先はクリエイティブであり、個性であり、オリジナリティであり、、。

マニュアルが進めば進むほど、無個性化?
もしかしたら「もっと凄い」を求めるために?
最高のマニュアルで最高の技術???

そんなバカな。

結局は個人の問題なんだけど、
マニュアルを超える人もいれば、マニュアルにとどまる人もいる。
そして事実として、越えられない人の方が多い?
そこで満足してる方が多い?

kinoのマニュアルは、
技術の考え方(使い方)、基本技術を覚えるもの。

スタイルは自由。
技術を使って何を作るか、だから。
作りたいものを作ればいい。
マネしたいスタイルをまねればいい。
それも個性。

何をするにも
「教えてください。」

ガチガチのマニュアル人間にしてやろうかと、たまに思ったりもするけど、、、、。(笑)

やる方も疲れるのでほっとく。

自慢げに「これが新しい(売れてる)スタイルの切り方です。」
なーんて教えてるのなんて見てるだけでがっかりする。
切り方見たってしょうがないでしょ?
考え方ですよ。
なぜそうしたか?なんでそこなのか?

視点が違うのよねー。
だからその時止まり。

あー、やっぱり、マニュアルは最低限。
基礎技術はしっかり、、、かな。


1  2  3
about kino.

はじめましてkino.です。
福岡のちょこっと隠れたところで美容師をやっています。
東京・恵比寿、福岡・大名でサロンワーク、ヘア&メイク、雑誌、講習等、色々お仕事をさせていただきましたけど、またまた新しい”道”をふみだしました。
美容師として思うこと、伝えたいこと書いていこうと思います。

お知らせ
最近の話題
カテゴリー
人気の過去記事
過去の話題